2006年03月14日

とうとう『猿の惑星』か?

お昼はテレビを観てまして・・・驚いたことが・・・なんと!日本に『猿の惑星』が有る?!
それは・・・滋賀!
そうあの有名な琵琶湖のある(自由の女神はいないけど)あの滋賀県!
滋賀(大津市)で猿が大量発生しているらしい。
しかも、困ったことに猿が悪さをするらしく、近隣の住民がホトホトお困りのようである。
実は、ワタクシ動物が全般的に大好きであるが、1位の猫に続き、猿も5本の指に入るぐらいに大好きである。
動物園などに行くと檻や猿山の前から微動だに動かないし、連れは本当に気長に私を待っているしかないのです。(1時間居ても飽きません。)それぐらいにお猿さんが好き!
その猿に困った滋賀県に住まう住民は何とかしてほしいと対策を役所に求めた結果『駆除』と言うことになったらしく近々実行されるらしい。
『駆除』って言うのは『死』ってことなんですね。
私の両親の故郷でも『ハブ』や『マングース』の『駆除』が実行されています。
神戸の灘区や東灘区に出没する『イノシシ』も『駆除』の対象なんかなぁ〜。
勿論無意味な『死』は駄目でしょうが、家の周りを凶暴な猿が跳びはねていたら・・・それはそれで猫とは違い、お猿好きな私でも恐いですよ〜。『駆除』してほしいと思うかも知れません。
それはさておいて、『駆除』のことで何処からか反対派が集まって賛成派とディスカッションしてましたが、それを観ていた私は『どちらの意見もわかる。』と言う感想。
一部の賛成派意見>>>『子供を危ない目に合わせたくない。』『猿を駆除したくないけど仕方が無い。』などなど、なるほどなぁ〜と言う意見。
対して反対派は>>>『駆除したくない。』『可哀相。』などの意見。(ビデオに録ってなかったのでうろ覚えです。すみません。)そして意見のぶつけ合い!
賛成派のオッチャンから反対派の若者へ『連れてってくれ!』『牛肉や豚肉は食べないのか〜!(怒) 』若者『食べますよ!』そのやりとりを見ていた私は『はぁ?』何か間違ってますよねぇ。
私は、思うのですが肉や魚や鳥を口にしている限り『動物愛護』を熱く語り『駆除するな!』と言ってはいけないのではないかと・・・海外のアーティストなども『動物愛護』を口にしますが、菜食主義(実際には見たことがないですが)を貫こうとしている方が多いのではないかと・・・毛皮は身につけないとかね〜。
『動物愛護』の精神を持った人が全員そうだとは思えないですが、せめて『肉や魚や鳥』を食べるのをやめて論議を交わしてほしいなぁ〜と思ったのでありました。
なので、私は動物が大好きで可哀相とも思いますが『肉・魚・鳥』を食べるのも大好きなので『動物愛護』を語ることはできません。m(__)mペコリ。
皆様、『野生』の動物によりこんなにも困っている方達がいらっしゃいます。
街に降りて来てゴミあさりをしている神戸の『イノシシ』や私の両親の故郷での『ハブ』対策の『マングース』による作物荒らしなど、たぶん世の中にはこの他にも困ってらっしゃる方がいらっしゃいます。
街の中の猫への餌付けもする人がいなければ、可愛い猫達も生きれませんのでとても悩むところですが、極力『野生』の動物に餌付けするのはやめましょう。m(__)m
posted by O嬢 at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おさるさんが好きなのですね♪
特に頭に輪っか、棒を持って、雲に乗っているヤツ?
あら、違ったかな(笑
動物愛護の話は難しくてワシにはわからんが、とりあえず動物愛護協会は【駆除】を否定していないってのは知ってます。。。
Posted by D at 2006年03月16日 00:56
おおっ、そうなのか!また知らずに語ってしまったぞい!
お猿は大好きで〜す。『そんごくう』(字を忘れた。)は、昔のアニメとマチャアキ版が好きで〜す。(^O^)/
今の、慎吾君版も面白いそうですが、全く見たことがござらんよ。そういえば『スーパーモンキーそんごくう』(こんな題名か?)はドリフの人形劇で『♪にんにきにきにき〜♪にんにきにきにき〜♪』って唄う歌があったり、ピンクレディが『♪ス〜パ〜モンキ〜♪そんごく〜う♪』なんて唄う歌が有りまして、その時代ピンクレディに夢中な私は、毎週かかさず見ていたけれども、今では全くと言っていいほど内容を覚えてません。f^_^;
Posted by O嬢 at 2006年03月16日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。